夢二の四季

小川晶子

文学

暂无

2002年5月25日初版第一刷

東方出版

内容简介
画文集。平成八年から四年間毎日新聞岡山版に連載された「竹久夢二の世界」を加筆改稿して5 章に分けたたもの、とあとがきにある。本を広げると、左側の頁に絵、右側の頁にその簡潔な解説文、という体裁で、「春」「夏」「秋」「冬」と名付けられた4つの章に12点づつ、つごう48点のバラエティにとんだ夢二の作品が収録されている。また、「旅」と題された最終章には、著者の訪ねた夢二ゆかりの地の風景写真が12葉ほど、夢二の作品とともに紹介されている。美人画で有名な竹久夢二だが、仕事の幅はひろく、雑誌・楽譜などの装幀、千代紙、封筒、半襟、帯などの意匠も手がけたというし、漢詩の素養も深く、俳句は千二百句ほども残しているというから、多芸多才な人だったらしいことがわかる。いろんなジャンルや表現手法に共通した普遍的な美を求めるというロマン主義と、その実践。ウィリアム・モリスにも似た資質の人だったのかもしれない。本書では、きれいな印刷で夢二の試みた多様な絵画表現の世界がコンパクトに紹介されています。
【展开】
下载说明

1、追日是作者栎年创作的原创作品,下载链接均为网友上传的的网盘链接!

2、相识电子书提供优质免费的txt、pdf等下载链接,所有电子书均为完整版!

下载链接